目を大きく

現在の目頭切開手術の取り組み

現在、目を大きく見せるのに話題を呼んでいるのが、目頭切開といった目頭のひだを切開して切れ長の大きな目にする整形手術です。目頭切開の手術の時間は約30分〜1時間ほどで、術後は体調が落ち着くまで休みます。帰宅してから徐々に麻酔が切れてきますので、痛みが出る事があります。その時は、処方された痛み止め薬を飲み痛みを鎮めます。手術してから1日が経過すると、次に腫れが出てきます。この時は、手術をした所に対処法を聞きその方法で対処します。この腫れは個人差があり、約2〜3日は続く事があります。これらが目頭切開手術の大体の流れです。 これらの目頭切開手術は、現在では患者さんにとっての負担を減らす事に注目が集められています。例えば、手術で使用するメスを針にして痛みを軽減したり、術後の腫れを漢方薬で抑えたりする事です。

手術の準備や流れについて

目頭切開手術は、美容外科のさまざまな手術の中でも、最も細かい作業が入った手術です。ですので、医師の腕により手術の出来上がりに差が出てきます。信頼の出来る医師を探してから手術をする事を決断する事をおすすめします。 医師を決めた後は、手術の仕方を決めてから、手術の内容と術後のケアについての説明をします。そして手術の準備が整ったら、痛みを和らげるための麻酔をして、麻酔が効くと手術が開始されます。目頭のひだを切開して、縫合した後その部分を休ませます。これで手術は終了です。そして術後から約1週間後に、縫合した部分を縫合します。これですべて終了になります。腫れや赤みは2〜3か月程でとれて、手術した後が綺麗になります。