美フェイスには不要

口の中からおこなうエラ削り

エラとは、顎から耳にかけてのフェイスラインで、特に出っ張っている部分のことです。ここの出っ張りが大きいと、その分顔の幅が広く見えてしまいます。逆に言えば、この出っ張りを減らすことで、小顔にできるということです。そのためにおこなわれている整形手術が、エラ削りです。 エラ削りは、以前はフェイスラインを切開し、骨を露出させて削るという方法でおこなわれていました。しかしこの方法だと、目立つ傷跡が残ることになります。それがかえって美容面での問題となることもあるため、昨今では口の中から歯茎の外側を切開して、そこから骨を削るという方法でおこなわれるようになっています。この方法なら、目立つ傷跡は残りませんし、手術翌日から洗顔をすることも可能です。

小顔の流行とエラの整形の需要

エラ削りをすることで小顔になれば、その分だけ目が大きく見えるようになります。また、フェイスラインがシャープになるため、痩せて見えるようにもなります。このようにメリットが多いため、美容整形外科でエラ削りをする人は多くいます。 また、エラ削りの他に、エラの部分へのボトックス注射もよくおこなわれています。ボトックス注射には、筋肉の収縮を抑える作用があります。そのため注射後は、エラの部分が筋肉で過剰に盛り上がることが防がれるようになるのです。 いずれの方法でも、エラは目立たなくなり、すっきりとした顔立ちになります。現在は小顔が流行しているため、これらの方法でエラを整形する人は、これからも増えていくと予想されています。